京都西院カイロプラクティック院です。O脚矯正骨盤矯正肩こり腰痛なら当院におまかせ下さい!!
カイロプラクティック 京都 西院 O脚矯正 肩こり 腰痛 骨盤 デッパリ骨盤改善 林カイロプラクティック院
カイロプラクティック 京都 西院 O脚矯正 肩こり 腰痛 骨盤 デッパリ骨盤改善 林カイロプラクティック院 0120-7474-82

▲TOPへ
カイロプラクティック 京都 西院 O脚矯正 肩こり 腰痛 骨盤 デッパリ骨盤改善 カイロプラクティックとは
カイロプラクティック 京都 西院 O脚矯正 肩こり 腰痛 骨盤 デッパリ骨盤改善 施術内容と特色
カイロプラクティック 京都 西院 O脚矯正 肩こり 腰痛 骨盤 デッパリ骨盤改善 患者さんの声
カイロプラクティック 京都 西院 O脚矯正 肩こり 腰痛 骨盤 デッパリ骨盤改善 一日体験レポート
カイロプラクティック 京都 西院 O脚矯正 肩こり 腰痛 骨盤 デッパリ骨盤改善 セルフチェック!
ブログ
一日体験

セルフチェック!
料金表 アクセス
一日体験レポート
Reporter's Profile
三村千広さん
京都府在住 会社員(OL歴約10年)

「とにかく肩こりがひどくてつらいので、原因が分かればいいなぁ…と思います。」

仕事柄パソコンを使うことが多く、慢性的な肩こりでいつも肩に重い錘が乗っているような症状。ひどい時は、背骨と肩甲骨の間も痛くなることも。以前クイックマッサージに行った際に、「このコリ具合は、今日のお客さんの中でNO1やね。」といわれたほど。

井上優子さん
京都府在住 20代 会社員

「整体に行くほど身体の調子が悪いわけじゃないけれど、運動不足がちょっと気になります。」

普段はパソコンのデスクワークがほとんど。
仕事の合間に、首まわりのストレッチをやる程度。肩のこりはあまりない方だが、疲れ目、長時間すわりっぱなしで腰がだるいなどの軽度の自覚症状アリ。
STEP01
  まず問診票に必要事項を記入していく。
身体のどの部分がこるのか、いつもこるのか、時々か?などなど。
結構項目がたくさんある。
真剣に記入!

STEP02 問診
次は問診です。問診票に記入した内容と照らし合わせながら、先生が丁寧に質問して下さいます。「三村さんは肩こりがひどいんですね?頭痛とかはないですか?」「えーと、もう慢性的な偏頭痛です(笑)。仕事がたてこんでくるとストレスで眉間も険しくなっちゃって...。へんにリキんじゃってる感じなんですよ。」「じゃ、そのへんもこまかくみていきますね。」「お願いします〜。」

STEP03
  施術が行いやすいように、トレーナーとスウェットパンツに着替えます。
着替えは自分で持ってきてもいいし、院にも用意してあるので手ぶらでくることもできます。ガードルやパンストを着用していたら脱いで、下着は普通につけていてOK。ロングヘアの方はゴムで髪をまとめておきましょう。あとで施術を受ける時うつぶせに寝ることもあるので、女性の方は薄化粧がお勧めかも。ネックレス等のアクセサリーもはずします。

STEP04 検査(整形学検査・神経学検査・筋力テスト・触診・視診・モーションパルベーション)
  首を右にまげたり左にまげたり、上半身を前後にそらせたりして筋肉と関節の動きをチェック。動かしにくい部分があれば、その原因となっている関節を治していくように治療の計画をたてます。この時点で、例えば『背骨の何番目の骨が曲がっている』といったことまで分かってしまいます。
 

←「右に倒したとき腰の左側が少し痛いです。左は大丈夫みたい。」(井上さん)
「左腰部、骨盤に問題があるのかもしれませんね。検査でくわしくみていきましょう」 (先生)

●頚の骨の間を通っている神経反射の検査

次に、腰をかけ、打診器という小さい金づちのような器具でひじ・ひざをコツン、とたたきます。

「ちょっとイタい(笑)」(三村さん)

●腰の骨の間を通っている神経反射の検査

普通ならここで膝下の脚が前方へふりこのように持ち上がるのですが、井上さんの場合、全くビクともしません。反対の脚は若干反応。「屈伸するときいつも膝が鳴るんですが、何か関係ありますか?」と井上さんが質問すると、「ここの反応は、腰の骨の間に通っている神経反射が正常かどうかに関係するので、膝自体に問題があるということではないですよ」と先生。ホッとしたのもつかの間、「ということは腰の神経反射に問題が?そんなぁ〜。」

ピクリともせず。

●座骨神経痛の検査

今度はベッドにあおむけの姿勢で横になり、先生が足首をもって脚を上へ持ち上げ、つま先を頭にちかづけるようにゆっくりと拳上していきます。「太ももとふくらはぎの裏側がピキーンとはってイタイです〜。」と三村さん。「かちかちですね。」と先生も苦笑い。

●股関節・骨盤の検査

「膝をこうやって押したときに膝と反対側の腰の骨が浮くのは、腰の骨がまがっているからなんですよ。」
「え!ほんとですかぁ〜。」

●仙腸関節

次は片方の膝を抱え、もう片方の足を押さえて、仙骨関節をみてもらいました。
先生が方足を手で持ち上げて、軽くまわすように動かしてチェック完了。
ほんのわずかな動きを手で感じとって、悪いところを診るそうです。


次に、背骨全体の歪み方や、
一つ一つの関節の可動性をみます。
↓右足と左足の長さがこんなに違う!

「くつの裏の減り方が違うなぁ、って
思ってたんですよ〜。」(井上さん)


STEP05 マニピュレーション
骨格矯正に入る前に、疲労した筋肉をもみほぐすため、背中や太もも・ふくらはぎの裏側を柔らかくほぐしてもらいます。
「こっれがとってもイタ気持ちいい!力加減が絶妙で、あまりの気持ちのよさにすっかりリラックスモード。でもふくらはぎの裏がわの筋肉をもんでもらったとき「イタタ」と思わず声が...。」(井上さん)

せっかくほぐれた身体も、放置しておくとまた元の固い身体に戻ってしまいます。そうならないためにはどうすればいいのでしょう?
「やはり普段の姿勢や毎日のストレッチなど、生活習慣の見直しが大切ですね。」(先生)


あるていど筋肉がもみほぐれたところで、ヒットマッサーという電動のマッサージ機で肩、背中、太もも・ふくらはぎの裏側の血行をさらに良くします。
「ヒットマッサーの大きな音にちょっと驚くかもしれないけど、全然痛くないし、むしろ小刻みな振動がとっても気持ちいい!家に1コ欲しい。」(三村さん)

STEP06 アジャストメント
"カイロプラクティック"と聞いて、まっ先に思い浮かべるのが「骨をボキボキ鳴らしてずれた関節を元にもどす」というイメージですよね。でも、カイロプラクティックは、先に行ったような筋肉療法を含む、トータルな筋肉と骨格の調整が施術の主体。なので、音が鳴れば良いというものでもないそうです。症状によっては矯正音が鳴らない方もいらっしゃるとか。
と、分かっていても、やっぱり爽快な音が鳴ると骨のずれがまっすぐになったように感じるのが人情というもの・・・。カイロプラクティック療法のメインイベントともいうべきアジャストメント。ここは正しい心構えでより有効に施術を受けたいところです。
ポイントは「力をぬいてリラックス」。アジャストメントは確かに「ボキッ」とか「バキッ」とか一種劇的な音がしますが、音ほどの痛みは全くなし。こわがってへんに力を入れたりするとかえって逆効果になることも。なので「あーもうどうにでもして。」くらいの脱力モードがいいかもしれませんネ。

ではいよいよ骨格矯正に入ります。先生が腰の骨に力を加えると「グキッ」という音がして、なんとなくそれだけで骨のズレがなおったような気がします。反対側の脚で同じ姿勢をとり、また骨格を矯正していきます。
腰の次は脊椎の上部(首の骨?)です。「井上さんは上から2番目の頚椎がちょっと歪んでいますね。」と先生。頭を抱えるようにして固定し、軽くひねる感じで矯正していきます。

「実はちょっとこわかったんだけど、やってみると全然痛くありませんでした。首まわりは「バキッ」という音もひときわ大きく響きます。『あ、今ズレが戻った!!』って感じ。」(三村さん)
「三村さんは力のぬき方がお上手ですね。なかにはどうしても力が入って矯正になじめない方もいらっしゃるので、そういう方には矯正なしの施術法もご用意しているんですよ。」(先生)


アジャストメントが終ると、またあおむけになって頚の後ろの筋肉を丁寧にマッサージしてもらいます。まさに至福のひととき...。
「きもちい〜〜。」(三村さん)

アジャストメント前は、右足の方が短かった井上さん。アジャストメントを終えて再度チェックしてみると、驚いたことに左右の足の長さがほぼ一緒になっています!

アジャストメントが終わると、先生が模型で症状の原因となっている部分を教えて下さいます。どういった施術を行ったかなども、詳しく説明して下さいます。
「人間の背骨は横から見るときれいなS字を描き、後ろから見るとまっすぐなのが正しい形なのですが、井上さんの場合、後ろから見ると背骨全体がS字に側彎しているため、脊柱の土台となる骨盤も右上がりに傾斜しています。あと仙腸関節と腰椎の一番下の関節(腰椎5番)の動きが悪く、仙骨の左側と腰椎5番が後方ズレているために、腰痛の大きな原因となっています。」(先生)
「確かに、腰はいつも左側の痛み・コリが強かったんです。」(井上さん)
「右の腸骨が下方にズレているために、大腿骨が上に引き上げられ、右の足が短くなっています。仙腸関節のゆがみも矯正していく必要がありますね」〔先生〕

 ─でも左右の足の長さはもう揃ってるし、もう矯正の必要はないんじゃ・・・?
「関節だけがなおっても、今までゆがんだ関節に連動して動いてきた筋肉はそれまでの動きを継続しようとします。すると日々の生活の中でまた関節がゆがんでいきますから、関節と筋肉のバランスをみながら、施術していくことが大切なんですよ。」(先生)

STEP7 電気療法
筋肉療法と骨格矯正で、すっかりほぐれ整えられた身体に、今度はハリと同じ効果のあるSSP療法を行っていきます。微量の電気を通して血行をよくするのですが、適度な振動がこれまた心地いい〜。思わず眠ってしまいそう。実際眠ってしまう患者さんも多いのだとか。納得のリラックス・タイム。

ステップ8 塗り薬塗布
ヒイラギエキスなどの天然ハーブが配合されたジェルタイプ塗り薬を、肩・背中に塗ってもらってクールダウン。
「ジェルなのに肌にべとつかず、さらさらな仕上がり感が私好みでした。」(井上さん)

レポートで確認
最後に自分の症状を詳しく知ることのできる説明書が渡されます。
「略図もついているので、あわせて読めばより理解を深めることができますヨ。」(三村さん)
 

Copyright (C) 2007 HAYASHI CHIROPRACTIC INN. All Rights Reserved.